レーシックの魅力

レーシックは近視や遠視など、視力が悪い人が受けるレーザーを使用した治療のことです。

視力の悪い人は眼鏡をかけたりコンタクトレンズをして視力を補正することが主流になっています。しかし最近ではレーシックで視力回復をはかる人も増えてきているようです。

理由の一つとしては、レーシック技術がより高いものになり、安全性が確立されてきたことがあります。 以前は年齢制限があったり1回の施術で回復する視力が限られていたりしましたが、今は高齢であっても受けることができたり、1回の治療で希望する視力まで上げる事が出来るようになっています。
眼鏡やコンタクトが邪魔だと思っている人や、見え方が重要なスポーツ選手などにとっては、とても魅力的な治療法といえます。

健康保険が適用されませんので決して安くはありませんが、何百万円もする訳でもありません。
一生涯メガネを買い替えたり、コンタクトを買い続ける事を思えば逆に安いかもしれません。裸眼で気軽に何でも見ることができるので、いつもスッキリした気分になれますよね。
br 眼鏡は耳の所が痛くなったり、鼻の付け根がへこんだりします。コンタクトは常に目に異物感があります。そういったことを解消してくれるレーシックはとても魅力があります。

手術給付金と医療費控除

長年近視に悩んで来た人、メガネやコンタクトになじめない人でも、その悩みから解放される可能性を作ったのがレーシック治療です。

しかし、その手術料は高額で、健康保険が適応外の自由治療となるため、なかなか手が出ない人が多いのではないでしょうか。

病院やクリニックによって、10万円から20万円以上かかるレーシック手術の費用は、決して安い金額ではありません。
しかし、生命保険や医療保険の手術給付金を利用して、少しでも治療費をおさえることは可能です。

ポイントは、自分の契約している保険会社が、近視を疾病とみなしているかどうか。そして、保険給付の対象となるかどうかです。

保険会社の方針として、近視を疾病とみなしている場合は、手術給付金の対象となりますが、疾病とみなしていない場合は対象外となることがあります。
運良くレーシック手術に対して給付金が支給される可能性のある場合、金額はおおよそ数万円程度が支給される事が多いようです。

各種の割引を行っているレーシック医院も多いので、手術代金の支払いの助けとしては大きいものとなり得るので、給付金について保険会社に問い合わせてみるとよいでしょう。

また、本人または家族が、1月~12月までの1年間にレーシックだけではなく、怪我や病気、歯の治療で支払った、医療費の合計が10万円を超える場合は、医療費の控除を受けることができます。
会社員であれば年末調整で、自営業の方や主婦の方であれば確定申告で手続きが可能です。